j-affiliate
広告名 BitLendingアカウント登録
広告種別 成果保証広告
広告稼働状況 稼働
成果報酬単価 8,000円
PR文 【株式会社J-CAM アフィリエイトパートナー募集プログラム】

BitLending アカウント登録

株式会社J-CAMが提供する暗号資産レンディングサービス「BitLending(ビットレンディング)」はお手持ちの暗号資産をBitLendingに貸し出してレンタル料(貸借料)を得ることができる仕組みのサービスです。

顧客から賃借した暗号資産はBitLendingプラットフォームにて管理し、提携先の暗号資産取引所やレンディングサービス会社など、複数箇所に分散して運用されます。なお、正式版のリリースは2022年夏頃を予定。Webブラウザ・専用アプリを通じて自身の資産を管理・貸出することができるようになります。追加機能等については、随時発表を行っていきます。

※サービス詳細は下記サイトをご参照ください
https://bitlending.jp/

【貸出可能な暗号資産とレンタル料(貸借料)率】

・BTC|ビットコイン
年利(APY)10%[現在25%BOOST中]

・ETH|イーサリアム
年利(APY)10%[現在25%BOOST中]

・FIL|ファイルコイン
年利(APY)8.125%[現在25%BOOST中]

・USDT|USテザー
年利(APY)10%[現在25%BOOST中]

・USDC|USDコイン
年利(APY)10%[現在25%BOOST中]

・DAI|ダイ
年利(APY)10%[現在25%BOOST中]

【BitLendingの訴求ポイント】

■国内最高賃借料率 ※自社調べ 22年4月

■国内最速返還日数『7営業日』※自社調べ 22年4月

■月次複利効果
BitLendingに暗号資産を貸し出すと毎月1日にレンタル料(貸借料)が支払われ、自動的に貸出元本に繰り入れられます。

■暗号資産の中長期保有戦略に有利
暗号資産を中長期にわたってホールドする(ガチホ戦略)の場合、BitLendingに貸出すことで安全に保管することができ、暗号資産の値上がりを待つ期間も年利(APY)10%で枚数を増やすことができます。

■通貨分散の手段として活用できます
USDT・USDC・DAIは米ドルと価格が連動している暗号資産です。円安・物価高騰トレンドの時などに、これらをBitLendingに貸出すことで通貨分散の手段として活用することができます。現在、国内での米ドル定期預金の年利がおおよそ0.01%程度であるのと比較して1000倍の運用効果を得ることができます。

【サービス詳細】
・貸出期間:最短1ヶ月
・貸出日:送金日の翌日
・満期日:毎月末日の営業日
・賃借料:満期日を迎えると確定
・自動繰入:毎月1日に貸出元本に自動繰入
・返還:
[即時返還]当月レンタル料(貸借料)を破棄、7営業日で返還。
[満期日返還]末日の満期日から7営業日で返還。
・レポート:
[毎月1日]貸出しレポートの送付
[毎月25日]翌月賃借率レポートの送付

【取引ツール】
2022年夏頃リリースの正式版サービスでは、Webブラウザ・専用アプリで簡単にご利用いただけます。※現在の先行版ではメールに配布されるレポートで資産状況の確認、専用フォームで返還請求等の作業を行っていただきます。

※「仮想通貨」は「暗号資産(仮想通貨)」と表記下さい

成果条件 [成果対象顧客]広告主新規(法人も可)
[成果承認頻度]随時
[成果承認特記事項]
アカウント登録(KYC完了)までの流れ
(1)メールアドレス登録
(2)フォームへ登録事項を入力
(3)貸出す暗号資産の銘柄と数量を入力
(4)本人確認書類確認(KYC)・審査
※メールアドレス登録から、30日以内に(4)までの完了
否認条件 ・ご本人以外のなりすまし入力、申込内容不備、虚偽内容の申し込みが確認された場合
・過去にBitLendingでアカウント登録したことがある場合。
・許可を得ず、媒体独自でインセンティブを付与して成果を発生させている場合(現金、ポイント、景品など)
・当社指定のクリエイティブ以外で出稿が確認された場合
・J-CAMアフィリエイトが定める禁止事項に抵触したことが判明した場合
・同一世帯による複数回のお申込みの場合
・審査において不合格となった場合(5年以内に金融犯罪歴あり、反社会的勢力など)
・広告経由の申込履歴の確認が取れなかった場合
・ギャンブル、犯罪、性風俗など広告主が掲載を禁止しているサイトからの申し込みが確認された場合。
・申し込みの委託など、代行業者による申込みが確認された場合
・誇大広告とみなされる表現を使用しているサイトからの申し込みが確認された場合
・「儲かる」「負けない」など不正ワードを用いた集客が確認された場合
・提携が承認されたサイト以外のサイトにおけるタグの無断使用が行われていた場合
禁止事項 本人利用NG
ポイントサイト提携NG
リスティング広告NG