[期間限定:〜8/31]10% キャッシュバックキャンペーン|「ファイルコイン」オンラインセミナー

キャンペーンーtop
campain-sp

次世代Webのワールドワイドなインフラ基盤の一翼を担うべく「ワールドストレージ」として設計され、分散型保存サービスを提供する高機能な暗号資産

「ファイルコイン」

米ナスダックは爆発的に拡大し続けるストレージ需要に触れ、ファイルコインのポテンシャルについて「ビットコインを凌ぐ可能性がある」と言及しています。
「NFT」や「DeFi」といった「Web3.0世代」と表現されるブロックチェーンを活用した次世代のウェブサービスの登場によって、昨今の暗号資産マーケットは「投機対象」としての取引に加えて「実用的なツール」として活用するための取引が急拡大しています。

「分散型ストレージサービス」を提供するファイルコインはまさに「活用される暗号資産」であり、Web3.0の本格化にともなって、莫大な需要が想定されることからも「アフタービットコインの大本命」と目されています。