ファイルコイントップ

アフタービットコインの大本命 「ファイルコイン」を徹底解説

アフタービットコインの大本命
「ファイルコイン」を徹底解説  

《無料》オンラインセミナー

仮想通貨メディア執筆陣などプロフェッショナルな講師による本格セミナー
取引経験のない初心者でも大丈夫!マイニングなど基礎からわかりやくす解説!
FILの入手方法や管理方法など具体的なやり方まで丁寧にレクチャーします
ファイルコイン_スペック

ファイルコイン価格

[FIL/JPY]

 ¥ 

 円

 時価総額: ¥


 取引高/24h[ボリューム]: ¥

 


 流通量[循環サプライ]:

 


 時価総額ランキング: 第

 


 全ての記憶容量: 


 最大供給枚数: 2,000,000,000枚

《ファイルコイン Filecoin[FIL] 》

ファイルコインは日本では未だ取り扱いはありませんが、世界では60箇所以上の取引所で取引されている人気の仮想通貨です。ファイルコインは格安の分散型のストレージネットワークを提供します。次世代インターネット Web3.0では中心的な役割を担うパブリックブロックチェーンのひとつです。

アフタービットコインの大本命との
呼び声高い「ファイルコイン」


米ナスダックに「ビットコインを凌駕する可能性のあるアルトコイン」として紹介されるなど、世界中で高い人気を誇っています。

ファイルコイン_ナスダック
ファイルコイン_ナスダック

ナスダックは自社コラムで仮想通貨がグローバル市場でより主要な資産へと進化する可能性について言及しています。仮想通貨ブームはまだ始まったばかりであり、ビットコイン以外のコインにも投資することが理にかなっているとしていて、仮想通貨をポートフォリオの10%〜15%を割り当てることでリターンが高まると予想しています。

ファイルコイン_ナスダック

将来ビットコインよりも優れたパフォーマンスを発揮できる魅力的なコインとして「ファイルコイン」を取り上げ、想定される実需要の大きさと史上最大級の282億円に上る資金調達に成功し、スタンフォード大学をはじめ、世界的な錚々たる顔ぶれの投資家がサポートするビッグプロジェクトであることをあげ、「私たちは強力な事業計画に裏打ちされたコインに投資するべき」としています。

ファイルコイン_ナスダック

1. 暗号通貨史上最大級のビッグプロジェクト

2. 爆発的に拡大するストレージ需要

3. 価格破壊!超格安のストレージ価格

無料オンラインセミナー詳細

アフタービットコインの大本命
「ファイルコイン」を徹底解説!


《所要時間》

1時間20分

《視聴ツール》

お申込後メールにて視聴用URLをご案内いたします。

《主催》

 株式会社インタープラネタリー

《共催》

月刊暗号資産オンライン

以下に当てはまる方は当オンラインセミナーがお勧めです。

以下に当てはまる方は
当セミナーがお勧めです

  • 仮想通貨に対する知識を深めたい
  • ファイルコインの可能性を見極めたい
  • お金の悩みから解放された生活がしたい
  • 値上がりが期待できる仮想通貨を知りたい
  • 資産の一部を仮想通貨にヘッジしたい
  • 老後資金を自分の力で用意したい
  • 初心者にぴったりの仮想通貨投資を教えて
  • 国際的な次世代ムーブメントに参加したい
  • 月々副収入を作って家計を楽にしたい
  • 含み益があって節税で悩んでいる
  • 儲けたいがとにかく損はしたくない

開催日程

9月25日(土) 13:00~14:30
9月28日(火) 19:00~20:30
9月30日(木) 15:00~16:30
10月4日(月) 19:00~20:30
10月10日(日) 13:00~14:30

セミナープログラム

【第1部】

金融市場の動向と暗号資産「ファイルコイン」

金融業界を40年以上に渡り、第一線で活躍してきた登壇者ならではのシンプルかつ奥深い分析。株・債権・コモデティ・デリバティブ・金利・物価など、グローバルな最新金融動向を網羅的にまるづかみできます。その上で暗号通貨や「ファイルコイン」の立ち位置やその変化について、そして「狙い所」までを具体的にわかりやすく解説します。

[登壇者]

倉本 佳光氏

株式会社J-CAM
金融コンサルタント

慶應義塾大学法学部法律学科
山一証券株式会社
メリルリンチ日本証券株式会社
岡三アセットマネジメント 理事

セミナー登壇者

【第2部】

「ファイルコイン」と「IPFS」

第3世代インターネット Web3.0へと大きな変革の最中にある現在にあって、「今必要なこと」「今やっておくべきこと」にフォーカスしていきます。IPFSという次世代通信方法を中心にブロックチェーンが繋がり合うWeb3.0では一体どのような世の中になっていくのか「ファイルコイン」の未来から具体的な入手方法までを丁寧に解説します。

セミナー登壇者

[登壇者]

長谷川 和仁氏

株式会社インタプラネタリー
シニアマネージャー

暗号通貨アナリスト



【スポット解説】

「ファイルコインマイニング」について

「ビットコイン」や「ブロックチェーン」において、最も画期的な発明と言えるのが「マイニング」と呼ばれるシステムです。この「マイニングシステム」は何の為に、どのように機能していて、何をしているのか?など基本的なところから深く理解することで、暗号通貨の真の価値が見えてきます。初心者にもわかるようにじっくり丁寧に解説していきます。

[登壇者]

道山 到氏

株式会社インタプラネタリー
暗号通貨研究員

国学院大学文学部文学科
投資診断士
暗号通貨系ライター

セミナー登壇者

《注目POINT》
ファイルコイン[FIL]を市場価格より格安で
入手する方法についても丁寧にレクチャー

《セミナー参加者の声》

46歳 埼玉県 会社員 男性

インターネットの未来について知れてよかった。ファイルコインについてよく分かった。話の切り口が斬新であまり聞いたことがない話だったが納得できた。まさに目からウロコの必聴の内容と言える。

61歳 東京都 ピアニスト 女性

初心者の私でも楽しく参加することができました。流石に専門メディアが開催するセミナーだけあるなぁと思いました。丁寧に解説してくれて全体として非常にわかりやすかった。

70歳 兵庫県 会社経営 男性

節税に興味があり、セミナーに参加しました。マイニングビジネスに興味を持つことができてよかった。偏りのない視点で意見されるので好感が持てました。

投資対象としての仮想通貨

マーケティングの世界でイノベーター理論と呼ばれる新商品の市場普及についての考え方があります。これまでに無かった画期的な新商品がこの世に出た時に、人々はどの様な行動をとるかを分析している理論です。


この理論によると、まず市場の2.5%を占める情報感度が高く、新商品をいち早く手に入れたいと考えている層が買い始めます。そして次に市場の13.5%を占める、流行に敏感でそれを取り入れたいと考えている層が買い始めます。


しかしながら、この時点では新商品はまだ成功を収めたとは言えません。多くの在庫を抱え戦々恐々としていることでしょう。残念ながら、この時点で成長が止まってしまった新商品のことは5年もたてば誰の記憶にも残らないということになり、最終的には市場から消えていくことになります。


しかし、次の層、市場の34%を占める、すでに広まっているものを乗り遅れないように積極的に取り入れようとする層が買い始めだすと状況は一変します。新商品は売れに売れることとなり、増産しても、注文に追いつかなくなります。この様に市場のシェアを16%を超えたあたりから圧倒的に状況が変わることを「キャズムを超える」なんて言ったりします。


イノベーター理論

この後、次の層、市場の34%を占める新しい技術や商品に懐疑的な層が買い始めると、今度は供給が勝る様になり販売価格も下がり始めます。 そして最後の層、市場の約16%を占め、新しい商品や技術を嫌う層が買う時には新商品は完全に古い商品を駆逐しています。最後の層がその新商品を買う理由は、古い商品が市場からすっかり無くなってしまって新商品しか売っていないからです。


なぜこの理論をご紹介したかと申しますと、仮想通貨の市場普及この理論に当てはめることができるからです。この理論で言えば、今まさに仮想通貨は「キャズムを超えたあたり」ということができます。


2020年の終わりぐらいからビットコイン価格がグングンと上昇してきたのは、まさに、すでに広まっているビットコインに乗り遅れないように積極的に取り入れようとした大手金融機関を始め一般企業までもがビットコイン投資に走ったことによります。仮想通貨の市場普及において、今はまさにキャズムを越え、拡大成長期が始まったと言うことができます。膨らんでいくマーケットは投資の大きなチャンスであることは間違いありません。仮想通貨に対する知識を深めるほどにリスクは軽減し、チャンスは近づいてくることでしょう。是非世紀のチャンスを掴んで資産拡大に繋げてください。

ファイルコイン_ナスダック

Filecoin
to Spur Data Storage
in New Internet Era

ファイルコインが
新時代のインターネットの
データストレージを進化させる

Bloomberg

ファイルコイン_スペック

“ファイルコインがWeb3.0と呼ばれる分散型のインターネット空間に欠けていたパズルのピースを埋める”

“Web3.0の世界では、2011年「アラブの春」の民主化運動でエジプトが行ったように、国内のウェブをシャットダウンするようなことはできない”

Web3.0とは

Web3.0とは「第3世代のインターネット」すなわち分散型インターネット空間の事で、現在はまさに第2世代から第3世代への大きな転換期の最中にあります。
「DiFi」と呼ばれる分散型金融や,「NFT」という世界に唯一無二のデータであると証明する技術などは、これまでになかった第3世代のウェブサービスで、様々な用途に活用され、爆発的な広がりを見せています。第3世代のインターネットの技術的な特徴として、そのほとんどがIPFSという次世代の通信方式を活用して運用され、コンテンツの拠点となるサーバーを必要とせず、インターネットに参加するユーザーの端末同士が連携して一つの「ワールドアプリ」のように振る舞います。

web3イメージ

仮想通貨史上最大級のプロジェクト

若き天才 ホワンベネット

ホワンベネット

Juan Benet|ホワン ベネット

ファイルコインを考案したのはシリコンバレーの著名なコンピューターサイエンティストである「ホワン・ベネット」です。ニューヨークを拠点とした世界最大のビジネス誌「Fortune」の人気企画で、世界中の40歳以下の若手リーダーの中からグローバルに活躍する有能な40人にフォーカスをあてる「40under40」にも選出されるなど世界が注目する若き天才です。

シリコンバレーのカリスマ

スタンフォード

彼はスタンフォード大学で学んだ後、大学の後輩らと、ロケーションベースのマルチプレイヤーモバイルゲーム(ポケモンGO発売の3年前にポケモンGO的なゲーム)を開発後、米ヤフーに40億ドル(約4400億円)で売却に成功するなど、アプリで一発当てたいコンピューターオタク達がアメリカ中から集うシリコンバレーにおいて、カリスマ的な存在になると共に、世界クラスのプログラマーとしての評判も築いていきます。

IPFS構想とプロトコルラボの設立

プロトコルラボ

「なぜWebは遅くて脆くて何でもすぐなくなるのか?」
 
現状のインターネットの通信方法の非効率性に疑問を抱いていた彼はインターネットが理想的なシステムに成長する為に必要な「HTTP」に変わる新たな通信方式として「IPFS」を考案し、世界中の優秀な研究者や一流のプログラマー達に声をかけ、在宅のままインターネット上でプロダクトを組み立てる分散型の会社である「プロトコルラボ社」を創業します。

シリコンバレーの成功の方程式①

シリコンバレーには将来有望な、ごく初期のスタートアップに対して、数カ月間を通じて資金援助やメンターの紹介をはじめ、技術やマーケティング・法律などの教育を行いプロジェクトのブラッシュアップを行う「アクセラレイター」というプログラムが沢山存在します。

通例プログラムでは最後に「DEMO DAY」と呼ばれる投資家達やマスコミを集めてのデモンストレーションイベントが行われ資金が調達されます。

シリコンバレーの成功の方程式②

Yコンビネーター

2014年夏、ホワンベネット率いる創業間もない「プロトコルラボ社」は、非常に激しい競争を勝ち抜き「AirBnB」「Dropbox」「Coinbase」他、沢山のグローバル企業を送り出してきた「Yコンビネーター」というシリコンバレーでも超一流のアクセラレイタープログラムに選出されます。「DEMO DAY」でベネット氏は「ファイルコイン」のホワイトペーパー(ファイルコイン構想の主意書)を発表し、当面の開発資金の調達に成功します。

米証券法準拠のICOプラットフォーム

IPFSやファイルコインは誰もが無料で自由に使うことのできるオープンリソースとして開発していますから、完成したところでそのネットワークを売却するわけでも利用料を徴収するわけでもありませんので、プロトコルラボ社は開発に対する直接的な儲けというものがありません。ですから、プロトコルラボ社にとって、数年にわたる莫大な開発費用の調達にあたっては流通前のコインを販売する「ICO」という資金調達方法ありきの開発計画だったといえます。とはいえ当時は、ICOはおろか、暗号通貨自体の取扱いも含めて法の整備がまだ十分ではなかった為、後になって問題化する恐れがありました。そこで彼はファイルコインが基準の厳しいアメリカの証券法にぶつかることなくICOを実施する方法について検討を始めます。

コインリストの誕生

コインリスト

そして、2017年、ベネット氏はアメリカ当局(SEC)が適格と認定した投資家だけが参加でき、スタートアップに簡単に投資ができるウェブプラットフォームとして既に確固たる地位を築いていた「エンジェルリスト」と手を組みます。「プロトコルラボ」と共同で米証券法に準拠した認定投資家限定のICOのプラットフォームである「コインリスト」を誕生させ、その第1回として「ファイルコイン」のICOを計画します。


《米当局が適格定める認定投資家の条件》

総資産額1億ドル(約109億円)以上の投資家、もしくは年間で20万ドル(約2,185万円)以上の利益を出した投資家。他


歴代最大級となるICO

2017年8月10日、「ファイルコイン」のICOが実施されると、開始1時間で約150億円が集められ、最終的に歴代最大級となる282億円の資金調達に成功します。参加した認定投資家は錚々たる顔ぶれで,世界最大のベンチャーキャピタルとして有名なセコイヤキャピタルを始め、アンドリーセンホロウィッツ、そしてスタンフォード大学、ウィンクルボス兄弟、仮想通貨取引所のコインベースやジェミニなど、次世代のインターネットを牽引する感度の高い世界中の投資家たちです。

Web3.0のメインストリームへ

ICOから3年の開発期間を経て、2020年10月15日ついに「ファイルコイン」のメインネットが動き始めます。「アフタービットコインの大本命」と人気と注目を集めるだけでなく、予想を上回るペースで安定的にネットワークも成長しています。また、彼が考案した「IPFS」も、次世代Webのインフラとして認知が広がり、マイクロソフトやネットフリックスをはじめとした多くの企業やプロジェクトで、またイーサリアムなどのブロックチェーンネットワークで、そして政府や多くの組織などで使用されています。

若き天才 ホワンベネット

ファイルコインを考案したのはシリコンバレーの著名なコンピューターサイエンティストである「ホワン・ベネット」です。
ニューヨークを拠点とした世界最大のビジネス誌「Fortune」の人気企画で、世界中の40歳以下の若手リーダーの中からグローバルに活躍する有能な40人にフォーカスをあてる「40under40」にも選出されるなど世界が注目する若き天才です。

シリコンバレーのカリスマ
スタンフォード

彼はスタンフォード大学で学んだ後、大学の後輩らと、ロケーションベースのマルチプレイヤーモバイルゲーム(ポケモンGO発売の3年前にポケモンGO的なゲーム)を開発後、米ヤフーに40億ドル(約4400億円)で売却に成功するなど、アプリで一発当てたいコンピューターオタク達がアメリカ中から集うシリコンバレーにおいて、カリスマ的な存在になると共に、世界クラスのプログラマーとしての評判も築いていきます。

IPFS構想とプロトコルラボの設立
プロトコルラボ

「なぜWebは遅くて脆くて何でもすぐなくなるのか?」

現状のインターネットの通信方法の非効率性に疑問を抱いていた彼はインターネットが理想的なシステムに成長する為に必要な「HTTP」に変わる新たな通信方式として「IPFS」を考案し、世界中の優秀な研究者や一流のプログラマー達に声をかけ、在宅のままインターネット上でプロダクトを組み立てる分散型の会社である「プロトコルラボ社」を創業します。

シリコンバレーの成功の方程式①

シリコンバレーには将来有望な、ごく初期のスタートアップに対して、数カ月間を通じて資金援助やメンターの紹介をはじめ、技術やマーケティング・法律などの教育を行いプロジェクトのブラッシュアップを行う「アクセラレイター」というプログラムが沢山存在します。
通例、プログラムでは最後に「DEMO DAY」と呼ばれる投資家達やマスコミを集めてのデモンストレーションイベントが行われ資金が調達されます。

シリコンバレーの成功の方程式②
Yコンビネーター

2014年夏「プロトコルラボ社」は非常に激しい競争を勝ち抜き「AirBnB」「Dropbox」「Coinbase」他、沢山のグローバル企業を送り出してきた「Yコンビネーター」というシリコンバレーでも超一流のアクセラレイタープログラムに選出されます。

「DEMO DAY」でベネットは「ファイルコイン」のホワイトペーパー(ファイルコイン構想の主意書)を発表し、開発資金の調達に成功します。

米証券法準拠のICOプラットフォーム

IPFSやファイルコインは誰もが無料で自由に使うことのできるオープンリソースとして開発していますから、完成したところでそのネットワークを売却するわけでも利用料を徴収するわけでもありませんので、プロトコルラボ社は開発に対する直接的な儲けというものがありません。ですから、プロトコルラボ社にとって、数年にわたる莫大な開発費用の調達にあたっては流通前のコインを販売する「ICO」という資金調達方法ありきの開発計画だったといえます。
とはいえ当時は、ICOはおろか、暗号通貨自体の取扱いも含めて法の整備がまだ十分ではなかった為、後になって問題化する恐れがありました。そこで彼はファイルコインが基準の厳しいアメリカの証券法にぶつかることなくICOを実施する方法について検討を始めます。

コインリスト

そして、2017年、ベネット氏はアメリカ当局(SEC)が適格と認定した投資家だけが参加でき、スタートアップに簡単に投資ができるウェブプラットフォームとして既に確固たる地位を築いていた「エンジェルリスト」と手を組みます。「プロトコルラボ」と共同で米証券法に準拠した認定投資家限定のICOのプラットフォームである「コインリスト」を誕生させ、その第1回として「ファイルコイン」のICOを計画します。


《米当局が適格と定める認定投資家の条件》

総資産額1億ドル(約109億円)以上の投資家、もしくは年間で20万ドル(約2,185万円)以上の利益を出した投資家。他


歴代最大級となるICO

2017年8月10日、「ファイルコイン」のICOが実施されると、開始1時間で約150億円が集められ、最終的に歴代最大級となる282億円の資金調達に成功します。参加した認定投資家は錚々たる顔ぶれで,世界最大のベンチャーキャピタルとして有名なセコイヤキャピタルを始め、アンドリーセンホロウィッツ、そしてスタンフォード大学、ウィンクルボス兄弟、仮想通貨取引所のコインベースやジェミニなど、次世代のインターネットを牽引する感度の高い世界中の投資家たちです。


ICOから3年の開発期間を経て、2020年10月15日ついに「ファイルコイン」のメインネットが動き始めます。「アフタービットコインの大本命」と人気と注目を集めるだけでなく、予想を上回るペースで安定的にネットワークも成長しています。また、彼が考案した「IPFS」も、次世代Webのインフラとして認知が広がり、マイクロソフトやネットフリックスをはじめとした多くの企業やプロジェクトで、またイーサリアムなどのブロックチェーンネットワークで、そして政府や多くの組織などで使用されています。

Web3.0とは

Web3.0とは「第3世代のインターネット」すなわち分散型インターネット空間の事で、現在はまさに第2世代から第3世代への大きな転換期の最中にあります。
「DiFi」と呼ばれる分散型金融や,「NFT」という世界に唯一無二のデータであると証明する技術などは、これまでになかった第3世代のウェブサービスで、様々な用途に活用され、爆発的な広がりを見せています。第3世代のインターネットの技術的な特徴として、そのほとんどがIPFSという次世代の通信方式を活用して運用され、コンテンツの拠点となるサーバーを必要とせず、インターネットに参加するユーザーの端末同士が連携して一つの「ワールドアプリ」のように振る舞います。

web3イメージ
《総額200枚》ファイルコインプレゼント
 サマーキャンペーンの詳細について
只今、「総額200枚 ファイルコインプレゼント サマーキャンペーン」を8月より開催中です。 総額200枚 先着200名にファイルコインをプレゼントいたします。

サマーキャンペーンでは、以下の3つの条件を満たすことにより1FIL(ファイルコイン)をプレゼントさせて頂きます。

【受取方法】

①弊社『オンラインセミナー』もしくは、『シークレットセミナー』に参加
※初参加が条件となりますので過去にご参加頂いている方は誠に申し訳ございませんが適応されません。

②FIL受取ウォレットの作成
※セミナー中にご案内させて頂く弊社コードにてウェブウォレットを作成して下さい。

③セミナー後、弊社アンケートへ回答
※アンケートにて配布するウォレットアドレスを記載して下さい。
※詳細はセミナー中にもご案内させて頂きます。


entry